平安か?とおもう戦力でよくやっている高橋由伸プロデューサー

 先発投手で信頼できるのは菅野だけ、打率3割飛び越えは坂本だけという今のジャイアンツの戦力でセリーグ1間近に掛かるだから高橋由伸新プロデュースはよくやっているのでしょう。断然先発投手が田口などの若手もたまに出てきてはいるものの、意義菅野だけという状態で必死の家計でやっと競り合いを作っているのだから大したものだと思います。思い返せばピーク開幕前から野球賭博問題で波乱の船出となったプロデュース初年度ですが、そんな逆境をいよいよ耐えつつ競り合いを作っているように思います。
 プロデュース就任の文ができたこと、現時点ではプロデュース適任ヒトが由伸しかいないとは思っていたものの、壮健アスリートとしての高橋由伸オタクだった私としては、まだあのバットのヘッドがきれいに立った華麗なスイングをみたいと思っていたので、非常にさみしい気持ちになってしまいました。
 しかし、いまだにピークは冒頭ですが、現在の由伸プロデュースを見ていると「やっぱプロデュースは由伸」しかいなかったんだと妙に納得してしまう。現在は、非常にきつい状況の中で戦っているので、惜しくも楽な成長に変わるみたい阿部や内海程が復調してくれればと思います。踏ん張れ由伸!エピレ vio ワキ